News Home » Entertainment » 日立と日本MS、製造・物流向けソリューションで提携 LumadaとAzureで業務効率化を支援

Around the World

日立と日本MS、製造・物流向けソリューションで提携 LumadaとAzureで業務効率化を支援

運営事務局 JIMOPLE 24 June 26, 2020

日立製作所と日本マイクロソフトが、製造・物流業界向けのソリューション事業で提携。「Lumada」と「Microsoft Azure」などを組み合わせて提供し、工場の運用最適化、物流の最適化、リモートでの作業支援などを行う。

 日立製作所と日本マイクロソフトは6月26日、製造・物流業界向けのソリューション事業で提携すると発表した。IoTプラットフォーム「Lumada」とクラウドサービス「Microsoft Azure」などを組み合わせて提供し、作業員の業務効率化などを支援する。

 複数年にわたって日本、東南アジア、北米で事業を展開する予定。まずは7月からタイでソリューションの提供を始める。

 両社が提供するソリューションは(1)工場の運用最適化、(2)物流の最適化、(3)リモートでの作業支援——の3種類。

photo 自動で立案した配送ルート

 (1)では、作業員の設備、材料などのデータを取得・分析し、生産の進捗(しんちょく)状況、設備の稼働状況、作業員の動作などを可視化。工場に提供し、運用をサポートする。

 (2)では、顧客が製品を配送する際に、納品の日時、物流拠点の位置、走行ルートや時間、渋滞の状況などを分析し、配送計画をWeb地図に表示。物流コストの削減や配送の効率化を支援する。

 (3)では、工場の作業員に「HoloLens 2」を着用してもらい、遠隔地のオフィスから、写真、テキスト、音声などで指示を送ったり、証跡をリモートで保存したりできるようにし、作業の効率を高める。

photo 工員が「HoloLens 2」を活用して作業する様子

 各ソリューションの提供に当たっては、日立製作所の「デジタルサプライチェーン」「配送最適化サービス」、日本マイクロソフトの「Azure IoT」「Azure Maps」「Dynamics 365 Remote Assist」などのシステムやサービスも組み合わせる。

 ソリューションの利用に必要な開発環境や管理基盤は、日立製作所のクラウド型サービス「Lumada Solution Hub」を通じて提供する。

 両社は今後、製造・物流以外の分野での協業を検討する他、LumadaとAzureのデータ連携に向けて協議する。

関連記事

関連リンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.