News Home » Sports » 大仏サンゴのベストシーズン

大仏サンゴのベストシーズン

SV KAGOSHIMA 20 July 9, 2020

梅雨なげぇ。。。

映画「今、会いに行きます」だったら、甘い時間が長すぎて中だるみするであろう今年の梅雨。

でもここは映画の中の世界じゃなく現実世界で、梅雨だから居なくなったはずのお母さんが居るという訳でもなく、

しつこい雨が降るばかり。早く明けろ梅雨。

そんな願いが通じた訳ではないでしょうが、ようやく、梅雨の風向きから、夏の風向きに変わってきました。

東シナ海の外洋は、南西の風だとうねりが大きく、南風・南東の風は穏やかになります。

今日はやや南西よりの風も吹きましたが、南寄りだったので、うねりはあまり気にしない方向で外洋に潜ってきました。

透明度25mオーバーの世界で癒しを感じながら、外洋ならではの生物を見てきました。

4

これは過去写真ですが、お腹がパンパンのピグミーシーホースが、1つののウチワに3個体ついてました。

昨日の休みは寝て過ごしてしまったので、次の休みはゆっくり水中写真を撮りに行こう。

3

photo by サミー

「奄美のベストシーズンはいつですか」

良く聞かれる質問ですが、これは何とも歯切れが悪い言葉で「見たい物によります」と答えるのが常。

でも、湾内にある大仏サンゴというポイントのベストシーズンはハッキリと言える。

今です。

2

photo by サミー

通常はこのコモンシコロサンゴにはハナゴイが群れ、キンギョハナダイがちらほら居るのですが、

初夏になる今の時期は、ご覧の通り、キンメモドキが良い感じで付きます。

1

photo by サミー

キンメモドキの他にも、スカシテンジクダイやキビナゴの群れるので、

お魚天国よろしく、大仏サンゴが1番盛り上がるのは今の時期なのである。

砂地に行けばハゼも多く、大仏サンゴは2本潜れるくらい、楽しいポイントとなるのが今の時期。

是非リクエストしてねん。

ふるた

これからの営業方針、お越しになる際の注意点はこちらをご確認下さい。

コロナウイルス感染症対策とお越しになるお客様へのお願い

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは・・・「コブシメの産卵、求愛、交接

★本日の奄美大島★

天気…曇り

最高気温…28℃

最低気温…26℃

海中水温…27℃

透明度…・・・外洋20m~30m 湾内 13m

オススメスーツ…5mm